スポンサードリンク

ドイツ式の快適な暮らし「ゲミュートリッヒカイト」が気になる。


最近、ドイツの暮らしに関する本を読むようになりました。
なんか、合理的に豊かに暮らしているのが素敵だな〜と思いまして。

ドイツ人、特にミュンヘンの暮らしは「Gemütlichkeit(ゲミュートリッヒカイト)」を最優先するのだそうです。

ゲミュートリヒカイトというのは、快適さのこと。
ミュンヘンの人たちは、この快適さ(クオリティーオブライフ)を重視して生活している傾向にあるそうです。

多くの自然とヨーロッパの歴史的建造物がミュンヘンを多才で特別な街にしています。大都市よりも小さく田舎町よりも大きい、保守的であり先進を好む、人々はそれをゲミュートリヒカイト(Gemütlichkeit)(快さ)と呼びますドイツ

ドイツには、「整理整頓は、人生の半分である」ということわざがあります。
ドイツ人の家の中は、すごくピカピカ。
衣食住の中で一番重視するのは「住」だという人がほとんどなんだとか。

といっても、掃除を一生懸命、神経質にやっているとかではなくて、雑でも毎日ザザザーッとやるんだそうです。

通りすがりにサッ!
立ち上がったときにササッ!

それを毎日続けるから、いつもピカピカの家でいられるのだそう。

こういうことを子供の頃からやっているので、時間の使い方も上手。
OECDのデータからも、労働時間が短いのに生産性が高い国というのが見て取れます(文化が違うから一概に生産性!云々!っていうのもアレかとは思いますがw)。

参考:なぜドイツの 労働時間は短いのか - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

ドイツ人の暮らし方を知って思ったこと。
やることがあったらダラダラとやらずに、流れでやってしまったほうがラクなんだな!?(頭でわかっていても、いつもダラダラしてしまってました)

「やだなあ…」などと考えちゃう無駄で不愉快な時間も発生させないためには、朝起きたらやらなきゃいけないことは、起きてすぐ流れでサササ〜ッとやっちゃう。

すごく大事。
こういうの当たり前にできるようになったら、人生の50%ぐらい本当に変わっちゃいそう。

ダラダラしてるとラクだけど、のちのちストレスがたまってきます。
納期キター><;
ふええええ…みたいな。

ストレスのないゲミュートリヒカイトな暮らしをするためには、ドイツ人のように時間の流れにスススーッとのるのが大事なのかもと実践中。

早寝早起き、起きてすぐ仕事、それを実践中なうでございます。

平均的ドイツ人は、毎朝6時23分に起きて22時47分に寝るのだそうです
Nr.6 ドイツ人は早寝早起き?(1) - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

はやっ!www

読んで影響受けてる本はこれ。




タニアさんの本、結構面白いです。しかも読みやすい。
もっとあるから色々買って読みたいな。

(以前書いた別ブログからの移転記事です。)


スポンサードリンク

トラコミュ一覧
断捨離でゆとり生活 ライフスタイル、暮らし、生活 断捨離シンプル&ミニマルな暮らし
節約ライフ 環境にやさしい生活 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
収納・片付け 生きる上で大切なこと 家族が癌になりました

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

応援クリックしていただけると励みになります!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク