スポンサードリンク

他人の粗探しするのやめた。

Analogue Angry Birds
Analogue Angry Birds / Iain Tait


粗探しするほど、近しい人間関係が今の私にはないんだけれども…。
いつからか、他人の粗探しするのを辞めました。

今までの私は、


・「普通は」できるようなことが出来ていない
・「普通は」言わないようなことを平気で言う
・「普通は」取らないような態度を平気でとる
・「普通は」やらない行為をやってしまう
・「普通は」こう考えるでしょっていう考えができていないetc...


と、普通じゃない他人の粗を探してはイライラしたり、「なんだこいつは!」と思って陰であーだこーだ言っていました。

でも、そういうことを考えちゃうのは、自分にとってすごくストレスであることに気づきました。

だから、他人の粗探しはやめました。
粗探しされてあーだこーだ言われたとして、それで粗探しし返すっていうのもやめました。

ーー。

あと、もう1つ気づきました。

私が言っていた「普通はこうだよね」っていうアレコレの、「普通は」の部分。
これって、「自分と違って」に置き換えることもできるんですよね。


・「自分と違って」できるようなことが出来ていない
・「自分と違って」言わないようなことを平気でいう


こんな感じで。

普通は、普通は、普通は。

結局、自分と違う価値観や性質を持っている他人をdisって、「私の価値観間違っていませんよね?」「私ってこの人よりちゃんとしていますよね?」っていうことを自問自答して納得したり、誰かにアピールしたかったんだなーと気づきました。


そして、粗探しは疲れるということにも気づきました。辞めてわかりました。思っている以上に他人の粗探しにはエネルギーを使っている。もうだめぽ。枯渇したぽ。

まぁ、築いている人間関係の少ない今だからこんなことを言っていられるのかもしれません。

また、ママ友だったり将来的に人間関係を構築しなくてはいけない状況に陥ったときは、粗探しとか始めちゃうかもしれません。

おいッ!

いや、そうならないように自分自身のレベルを上げていかないといけないなーと思っています。

たとえば、私はDQNが心底嫌いで、大嫌いっていうレベルを超えて、もはや憎んでるレベルなのですが、そういう人のこともdisるのやめました。やめられました。粗探し、やめました。

「種族が違う」と思うようにしました。

「普通だったらこうなのに!」→「私と違ってあいつは」→「私と違う種族だからあのような行動に出るんだ」→「仕方ない」

こういう思考回路です。
私の普通とDQNの普通、私の普通とあなたの普通、全部違う。粗に見えて、粗じゃないかもしれない。その人の生き方に私が口出ししたところでどうなるのか。

他人の粗探ししても疲れるだけ。意味のない探し物はするべきではない。

他人の粗探しするのやめた。あのモデルのブログを読むのももうやめたw

鬼の形相で「また加工して可愛く見せてる!」とかいうの、マジでやめないと本当に鬼の顔になっちゃう。

やめたやめた。


スポンサードリンク

トラコミュ一覧
断捨離でゆとり生活 ライフスタイル、暮らし、生活 断捨離シンプル&ミニマルな暮らし
節約ライフ 環境にやさしい生活 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
収納・片付け 生きる上で大切なこと 家族が癌になりました

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

応援クリックしていただけると励みになります!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク