スポンサードリンク

収入に応じて支払い上限額が決まる高額療養費制度。これが1割負担になったら死ぬしかない…。


現在、父は抗がん剤治療を月に2回受けており、入退院を繰り返している状況です。
「医療費が高くて支払えるのか心配…」と、最初はすごく不安に思っていましたが、月々の支払いは数万円で済んでいます。

6月末に、父は胃と腸のバイパス手術をしました(悔しいですが原発巣の摘出はできず…)。

その際も支払いは数万円で済みました。ほぼ1ヶ月入院して、手術もしているのにです。これには驚きました。だって、うん十万、下手したら100万円近くの請求がくると思っていましたから。というか、実際に明細みたら120万円とかそのぐらいでした。記憶が正しければ…。

高額療養費制度を利用してよかったです。これは、所得に応じて医療費の支払い上限額が決まっています。

高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

ただ、この高額療養費制度…。
おそらくですが、近い将来、もっと負担額が上がってしまうのではないかと思っています。実際、70歳以上の負担額は2017年度から引き上げる方針で動いているみたいだし。

(参考:高額療養費制度見直し、高齢者負担増に容認論 厚労省審議会


上限額が決まっているうちは精神的にまだ落ち着いていられるかと思いますが、ウン百万の請求の1割負担なんて請求がきたらと思うと…。がくぶるです。
下手したら毎月10万円以上も払わなきゃいけなくなるの…?そんな状況ありえる?ありえない?

もうなんか…そうなったら死ぬしかないやんって感じです。
まぁ、「1割負担」っていうのは私の妄想の話なわけで、実際そうなるかなんてのはわからないのですが…。

さすがにいきなり「廃止」なんて方向で動くとは思いませんが、じわりじわりと負担額が上がってきそうだなーと危惧しています。あーこわいこわい。

健康に生きていこう。お金貯めとこう。ピンピンコロリしたい。はぁ〜。


スポンサードリンク

トラコミュ一覧
断捨離でゆとり生活 ライフスタイル、暮らし、生活 断捨離シンプル&ミニマルな暮らし
節約ライフ 環境にやさしい生活 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
収納・片付け 生きる上で大切なこと 家族が癌になりました

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

応援クリックしていただけると励みになります!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク