スポンサードリンク

全部自分が悪いんだ病。

そうですね、はい、私が悪いでーす。


今、自分の経験を脚色したり誇張したり、なんだりかんだりしながら小説を書いてみている。つってもまだ1000文字しか書いていないけれど。

過去を回想していたら、昔から変わらない自分の心根に気づいた。
それっていうのが「責める必要がないシーンでも、自分の心をブスブス、ザクリザクリと刺しては独りよがりに苦しみがち」っていう腐れたもんで。

たとえばそうだな。ほしいドーナツが売り切れていたとする。そうすると「日頃の行いが悪いから売り切れたんだ」って思ってしまうにょらね。「全部私が悪いんだ」って、考えてしまうにょらね。

いやもう、ほんと全部悪いの。全部私が悪いんです。

ティッシュ配りのお姉さんが寒そうにしているのも、ユニクロが混んでいるのも、バスが時間になっても来る気配がないってのも、どこかの誰かが怒っているのも、あのおっさんが取引先を怒らせてしまったのも、どこぞの政治家が問題発言してしまうのも、戦争が起こってしまうのも、全部自分が悪いんです。

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。叩かないでくだしあ〜〜〜〜。

「なんで君はそんなに悲観的なんだ」と言われたことが何回かあるけれど、わからない。治そう治そうと思っても治らない。治そうと思ってそういう類の本を何十冊と読んだけれど、結局治っていない。

「ヒマだからそうやって考え込んでしまうんだよ」って言われて、忙しくしてみたこともあった。そしたらこれがひどい。多忙になればなるほど、悲観の核がどんどん肥大化していって、泣きわめくようになってしまったのだ!家から一歩も外に出られなくなったのだ!恐ろしい子!!!

忙しいとダメ。忙しさに耐性がない。甘えなのはわかっている。だけど、つらいのは嫌い。一時的にはポジティブやる気元気野郎になれるんだけれど、持って1年。だから会社勤めも1年しか続かないダメ人間。社会はいつだって前を向いている。だから私はそこに適合できない。

人格だと思って受け入れていくしかないのだろうか。この厄介な「全部自分が悪いんだ病」ってやつ、治るってことがあるのかしら。

いや。

まあ。

本当は……。

全部全部100%自分が悪いだなんて思っていないんだけどね!!!

は?殴るぞ?

やめてー!!!叩かないでー!!!



自分に起こるあらゆる不都合、受け入れがたい現実、死にたくなっちゃうアレやコレ。

自分のせいだって思うと同時に、他人のせいだとも思っている。本当は。本当は思っているんだ。

世の中のせいだとも思っている。本当は。実はそう思っていたりもする。

親のせい、同級生のせい、政治家のせい……。こんな世界に誰がしたんだって思っている節もある。本当のところは、そう。ずっとそう。

だけど、全部自分が悪いと思った方がラクだから、本当はこう思ったりもするって部分をシャットアウトしてしまう。フタをして考えない。臭いものにはフタを。ブタキムチは臭いけれど美味しい。

私は自分に甘い。だから自分が悪いと思ってしまえば、いろいろ許せてしまう。そのほうがラクだから、全部自分のせいにしてしまう。

今カフェにいるのだけれど、隣の主婦2人組が「うちの夫はつまらない」「買ってきてほしいものを頼んでも、それが売り切れていると何も買ってこないの」とかなんとか言ってチャッチャカ会話に勤しんでいる。

あなたの旦那さんがつまらないのも、それは私の責任だ。だから殴るなら私を殴ってほしい。


……叩かないで。自分で自分を殴るのは好きだけど、他人に殴られるのはやっぱり嫌だ。こんな自分が好きだ。大好きだ。愛している。気持ち悪いぐらいに愛している。


スポンサードリンク

トラコミュ一覧
断捨離でゆとり生活 ライフスタイル、暮らし、生活 断捨離シンプル&ミニマルな暮らし
節約ライフ 環境にやさしい生活 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
収納・片付け 生きる上で大切なこと 家族が癌になりました

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

応援クリックしていただけると励みになります!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク