スポンサードリンク

世の中は いろんな真面目が あるにょらね



この前田舎に帰ったとき、こんな会話を耳にした。
仕事中の女性と、推定70代後半のおじいさんとの会話である。

爺「ねえちゃんはよく働くなあ〜」
女「そうです、私こう見えて真面目なんです」
爺「はっはっは、真面目か」
女「そう、真面目なんです」

この会話自体、別になんてことはない。よくある普通の会話だと思う。
でも、その後びっくりするようなことをそのお姉ちゃんは言い出した。

女「私もう30過ぎてるんですけどね、この前言われましたよ」
爺「おう?」
女「その歳まで警察のお世話になったことがなければ充分真面目だって」
爺「はっはっは、そうか。まあそうだな。」
女「そうですよね。だって捕まる人なんてたくさんいますもん。」
爺「そうだよな、ねえちゃんは真面目だ。」

まあ冗談で言っているんだとは思うけれど、田舎特有の自由な発想?なんか面白かった。
そのレベルで真面目だったら私も真面目な優等生だなと思った。

そのことを思い出したら、もっともっと思い出したことがあった。

親族みんな医者の家系。その中で東大に進学したら不届きもの扱いされてしまった人がいた。
親戚一同からしたら「なんて不真面目なやつなんだ」ってことなのだろう。
東大に進学して不真面目ってどういうことだ?
当時聞いたときはびっくりした。
でも、そういう世界もあるのだなと知った。

もう1個思い出した。

これはよくある話なのかもしれないけれど、大学院に進学したら「いつまでプラプラ遊んでやがる」「早く仕事しろ」って言われるってやつ。

まあ私も、大学に行くまで大学院の存在なんてよくわかっていなかったし、大学に進学したことない人なら尚更わからないのだろう。

「大学院に行く=学生期間を延長して遊びまくる」という認識の人は結構いると思う。

なんなら私も、「なんで女なのに大学に行くの?働きなさい。親が苦労するだろ?学費(ry」と言われたことがある。田舎特有の不自由な感じに当時泣きかけた。というか泣いた。

大学に行こうとすることが当時真面目なことだと思っていたけれど、あの某さんからしたら不真面目なことだった。


世の中は いろんな真面目が あるにょらね

おしまい。


スポンサードリンク

トラコミュ一覧
断捨離でゆとり生活 ライフスタイル、暮らし、生活 断捨離シンプル&ミニマルな暮らし
節約ライフ 環境にやさしい生活 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
収納・片付け 生きる上で大切なこと 家族が癌になりました

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

応援クリックしていただけると励みになります!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク